トップページ > 記事閲覧
学校給食
日時: 2016/07/05 11:24
名前: 関小父兄

小学校の学校給食にて3日連続で異物混入があったそうですが、富士見市において、学校給食異物混入時のガイドラインは制定されているのでしょうか?
富士見市の学校給食センターのHPにもそれらしきものは無いようですし、学校での説明会に於いても触れること無く、言い訳に終始し、対策も曖昧でした。
学校側の危機管理能力の無さに唖然といたしました。
給食異物混入だけに限らず、学校内での事故、怪我等の際のガイドラインは存在するのでしょうか?
存在しないのであれば、早急な制定が必要ではないかと思います。
メンテ

Page: 1 |

遅くなりました ( No.1 )
日時: 2016/09/02 11:09
名前: やこ朋弘

言い訳になってしまいますが、7月いっぱいまで選挙が続き、夏休みを挟んで確認が遅くなりました。申し訳ありませんでした。諸々事実関係を確認し、御報告致します。
メンテ
ご回答 ( No.2 )
日時: 2016/09/21 18:07
名前: やこ朋弘

お世話になります。調べてみましたが、今回のケースは関沢小3年生の件ですよね。学校サイドとしては

・関沢小に給食が運ばれてから、クラスで給食が始まるまでの間、異物を混入されないように見守る。
・そういう事を児童がしないよう、気持ちを落ち着かせる。

の2点に絞って対応したようです。

給食センターには異物混入のガイドラインはありますし、また学校にもケガや事故の際の対応策はあります。しかし、今回のような、教室において各児童に給食が配られた後、しかもお椀の中に異物を入れるようなケースは、ガイドライン云々というよりも、上記のような個別の対応になるかと思います。
いかがでしょうか?
メンテ
Re: 学校給食 ( No.3 )
日時: 2016/10/01 01:33
名前: 関小父兄

認識の違いでしょうか、こういったケースにこそガイドラインが必要になる事案だと思います
クラス内で起こった事だから、各クラスの担任が適宜判断し対処を行う形での運営では、担任の技量により格差が大きくなるかと思います。
例えば異物混入もどこまでが問題なし、どこからが問題ありという判断を
個々の教師に委ねるのは個人の判断基準で大きく変わります。
いじめの問題もしかり、個々の教師の判断基準で問題あり、問題なしを決めてしまうのは危うい事なのではないでしょうか?

今回、給食の異物混入に関しても教師個人の判断に委ねたため
報告の遅れ、対処の遅れを招いたのだと感じております。
本件に関しても決して教師個人を責める意図はなく、
逆に学校側(もしくは市)でトラブルが起こった際、
きっちりとガイドラインを定めていた方が良いのではないかと思ております。

学業から生活指導まで何かと多忙な教育。
問題発生の際に即、上に報告。
これにより教師一個人にかかる負担の軽減に繋がるのではないでしょうか?

学校内には様々な生徒が居り、様々な問題を抱えるなか、
一個人の教師にそれら全てを押し付ける体制に疑問を感じます。

問題の大小にかかわらず、一個人の教師任せにせず、複数の視点による対処を求めたいと個人的には思っております。
メンテ
遅くなりましたが ( No.4 )
日時: 2017/03/30 13:28
名前: やこ朋弘

改めて学校サイドと考えてみたいと思います。
またご報告します。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail ◆ メールアドレスは非表示です!
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存